トップ >> マンションにかかる費用

不動産会社選ぶための情報

マンションを借りる費用

賃貸マンションを借りる時に用意するお金については、地域差が若干ありますがこれから借りる家賃の6か月分というのがひとつの目安です。この内訳は、敷金と礼金が家賃の2か月分ずつ、仲介の立場で物件を紹介してくれた不動産会社への手数料が1か月分そして翌月分の前払い家賃が1か月分です。このうち、礼金については支払う習慣がほとんどない地域もあります。また、これらの費用に借家人賠償特約付きの火災保険に一括払いで契約する保険料や玄関のカギを交換する費用などが上乗せされるのがマンションを借りる時に一般的です。

不動産購入で発生する利点

不動産とは、マンションや一戸建て、店舗などの事を指します。これらを所有する事で、税金も発生しますが、利益も生まれます。例えば、マンションなどは部屋を人に貸すことで、賃貸料を得ることが出来ます。また、店舗物件などは購入した人自身が店を行うのも、利益が得られますし、人に貸す場合も賃貸料を得ることが出来ます。一戸建てやマンションに自分自身が住む場合は、利益は得られませんが、地域に根づくことが出来ますし、結婚している場合は子供を育てやすい環境等を選びやすくなります。このように不動産購入には様々な利点があります。