トップ >> 収益物件を神戸に所有する

不動産会社選ぶための情報

神戸で収益物件のオーナーに

収益物件で節税が出来るとしたら、お金にシビアな神戸に住む者としては気になる話です。投資物件からの収入は、給料やボーナスとは別に申告することになるのですが、この際に経営上の費強経費として減価償却費の計上が出来るのです。この経費は、実際の現金収益と計算上の収益は、この減価償却費文の差額が生じることになります。またもしも投資物件による所得が赤字になった場合には、給与所得と相殺できますので、最終的に支払う所得税や住民税が減少します。神戸のサラリーマンに収益物件経営に乗り出す人がいるのも納得ですね。

収益物件の魅力のポイント

収益物件の魅力はなんと言っても不労所得が手に入ることです。そのためにも、立地や周囲の環境などには十分に注意する必要があります。これから手に入れようとする場合には、多少お金が高くても、立地がいいところの方を選びましょう。なぜなら、立地が悪いと、少子化の進展の中で、価格下落が進む可能性が高いからです。収益物件が、既存の物件であれば、周辺環境などを考慮して、若干安めの値段にすると、空き部屋リスクが減り、有利です。