必見!クリエイター求人サイト6選

クリエイターの求人の収入はどういう状況か

ホーム > クリエイターの求人情報 > クリエイターの求人の収入はどういう状況か

クリエイターの求人の収入はどういう状況か

求人案件を探す際には、収入は1つのポイントになります。
収入が高いかどうかを基準に、求人探しをしている方も多いですが、クリエイターの仕事を探す方々も同様です。
高収入な案件を探している方も少なくありませんが、クリエイターという仕事の場合は、年齢との相関関係はあります。
年齢が高いほど、収入も高めな傾向があるからです。
現に過去には、クリエイターの年収に関する調査が行われた事もあります。
20代前半のクリエイターの平均年収は200万円台で、30代後半は400万円台でした。
さらに50代は平均年収が500万円代でしたが、60代のクリエイターの年収は360万円台です。
ですからこの職種は、年齢と収入との間に密接な関連性があるのは間違いありません。
年齢だけでなく、地域との相関関係もあります。


現に過去には、各地域のクリエイターの求人に関する調査が行われた事があります。
その結果、都会エリアは平均年収が高い事が判明しています。
全国で収入が一番高いのは、東京地域です。
そのエリアの場合、クリエイターの平均年収は600万円を超えています。
近隣の他県と比較すると、明らかに高収入です。
神奈川は500万円前後ですし、千葉は450万円台になっています。
ですから関東でクリエイターの求人を探している方々は、しばしば東京エリアに注目しています。
また関西の場合は、大阪が一番高いです。
平均年収は540万円台であり、近隣の県はおおむね450万円台になっています。
ちなみに郊外エリアの場合、クリエイターの収入は低めです。
年収400万円前後の地域が多く、やはり東京が一番高いです。


またこの職種の求人の平均年収は、会社規模やジャンルとの相関関係もあります。
そもそもクリエイターという仕事にも色々種類があって、ゲームやアプリやメーカーなどがあります。
この3つのジャンルの中では、ゲーム業界の年収が一番高いです。
ゲーム会社ですと、平均年収は460万円を上回っていますが、他のジャンルは400万円前後になります。
それと会社の規模です。
上場している企業は、たまにクリエイターの人材を求めている事もありますが、全体的に平均年収は高めです。
大手企業による求人の場合、福利厚生も充実している傾向があります。
ですから好待遇な求人を探している方は、大手企業に注目している事も多いです。
ただ経験によっては、収入を高くする事も可能です。
経験が長いクリエイターですと、たとえ大手企業で働いていなくても、収入が高い事もあります。

次の記事へ

カテゴリー