必見!クリエイター求人サイト6選

ホーム > クリエイターの求人情報 > 年齢が高いとクリエイターの求人に応募するのは困難か

年齢が高いとクリエイターの求人に応募するのは困難か

求職活動を行っている方々は、しばしば年齢を気にしています。
30代や40代の方々は、やや焦っている事もあります。
企業によっては、年齢が高めな人材は応募が難しいからです。
転職活動の年齢の節目は、30代半ばであると言われています。
35歳以下なら、多くの企業は積極採用してくれますが、それ以上の年齢になると難しいと言われています。
ですから30代の方々は、少々焦ってしまう事も少なくありません。
しかし、それも職種次第です。
職種によっては、幅広い年代層を受け入れている事もあります。
一見するとハードルが高い職種でも、実際は多くの年齢層の方々が活躍していることも少なくありません。
その1つがクリエイターという職種です。
あまり年齢を気にしていない企業も多いです。
年齢というより、別の点が重視される傾向があります。


求人広告には、必ず応募資格という欄があります。
どのような人材を求めているか明記されている訳ですが、クリエイターの求人の場合は、比較的幅広い年齢を受けている姿勢が伺えます。
実際にその職種の求人を確認してみますと、年齢不問と明記されていることも多いです。
現に40代以上のクリエイターの方々も、大勢活躍しています。
そもそも企業としては、年齢だけを基準に判断している訳ではありません。
例えばスキルです。
30代や40代ともなると、それなりに高度なスキルを習得している人材も多いです。
1つのゲーム会社で長く働き続けていた場合、ゲームに関する専門的な知識を覚えているので、意外とスムーズに転職できる事も珍しくありません。
知識や経験が十分であれば、年齢をカバーできる企業も案外多いです。


多くの企業が重視しているのは、むしろ熱意です。
特にゲーム業界のクリエイターの求人は、その傾向が顕著です。
実際にその業界の求人を見てみると、ゲーム好きな人材を求めていると明記されていることも多いです。
ゲーム会社としては、熱意がある人材であれば活躍してくれると考えている事が多く、たとえ年齢が高めでも積極採用してくれる事も珍しくありません。
ですからクリエイターの求人に応募するなら、熱意もアピールする必要があります。
成果物を提示したり、職務経歴書などで熱意をPRしてみると、比較的スムーズに採用される企業も多いです。
以上の点を考慮すると、クリエイターという職種は30代や40代でも問題ありません。
応募する企業次第ですが、たとえ年齢が高くても積極採用してくれる企業は沢山あります。

次の記事へ

カテゴリー