必見!クリエイター求人サイト6選

求人の時給水準が高めなクリエイター

ホーム > クリエイターの求人情報 > 求人の時給水準が高めなクリエイター

求人の時給水準が高めなクリエイター

多くの方々は、アルバイトの求人を探す時に時給を重視しています。
時給が高いかどうかを基準に、求人を選んでいる方も少なくありません。
時給の数字は、職種によって異なります。
専門性が高い職種は、全体的に時給の数字も高めです。
その一例はクリエイターという職種で、時給1000円以上に設定されている求人が多いです。
この点は、クリエイターという仕事の大きな特徴の1つです。
その他の職種の場合は、時給は900円台になっているケースも多々あります。
地域によっては時給800円台のアルバイト求人もありますが、クリエイターという職種場合は、大抵は時給1000円以上になります。
中には、時給2000円台のアルバイトの求人もあります。
数ある職種の中では、かなり時給が高めである事は間違いありません。


アルバイトだけでなく、派遣案件も同様です。
派遣も、アルバイトと同じく時給で計算されます。
派遣の方がアルバイトよりも時給は高めですが、それも職種次第です。
その1つは上述のクリエイターで、時給1500円以上の案件が目立ちます。
派遣先によっては、時給が2000円以上になっている事さえあります。
このぐらいの時給の数字は、ほぼ薬剤師と同じぐらいです。
薬剤師という職種ですと、全体的に時給1600円以上の案件が多いですが、他の職種よりは時給が高めです。
なお時給2000円ぐらいの派遣案件ですと、かなりのスキルが求められる傾向がありますが、それも案件次第です。
何かの事情があって、急ぎで人手を確保したい企業の場合は、たとえ未経験者でも時給2000円ぐらいになることもあります。


なぜクリエイターは時給の数字が高めかというと、相応の専門性が求められるからです。
このクリエイティブな仕事は、誰でもできる訳ではありません。
ゲームクリエイターという仕事ですと、どうしてもゲームに関する知識が求められます。
画像クリエイターという職種にしても、知識は必要です。
そもそも時給の数字は、スキルとの相関関係があります。
ハイレベルなスキルが求められる職種ですと、時給も高めになる訳です。
ただしアルバイトや派遣という働き方ですと、知識不問の案件も沢山あります。
正社員のように、ハイレベルなスキルが求められるとは限りません。
求められるレベルは高い半面、応募するハードルはそれほど高くありません。
しかも時給は高めですし、アルバイトや派遣の求人を探している方は、しばしばクリエイターという職種に注目しています。

次の記事へ

カテゴリー